Pythonイメージライブラリでズームする

私は画像を表示するPythonで簡単なアプリケーションを書いています。画像を拡大縮小してズームインとズームアウトを実装する必要があります。
Image.transformメソッドでこれが可能になると思いますが、それがどのように使用されるのかわかりません。アフィン行列などを求めているからです。P
これがドキュメントからの引用です。

im.transform(size, AFFINE, data, filter) => image

Applies an affine transform to the image, and places the result in a new image with the given size.

Data is a 6-tuple (a, b, c, d, e, f) which contain the first two rows from an affine transform matrix. For each pixel (x, y) in the output image, the new value is taken from a position (a x + b y + c, d x + e y + f) in the input image, rounded to nearest pixel.

This function can be used to scale, translate, rotate, and shear the original image.

ベストアンサー
AFFINEメソッドよりもEXTENTを使用する方がはるかによいでしょう。計算する必要があるのは2つのことだけです。入力のどの部分を表示したいのか、それをどれだけ大きくする必要があるのか​​。たとえば、画像全体を半分に縮小して見たい(つまり2倍に縮小したい)場合は、データ(0、0、im.size [0]、im.size [1])を渡します。サイズ(im.size [0] / 2、im.size [1] / 2)

転載記事の出典を記入してください: Pythonイメージライブラリでズームする - コードログ