sysprep – WindowsおよびOffice用のKMSライセンス認証が失敗する

私は、同じモデルであるため、類似のハードウェアを備えた複数のPCを複製して配置しました。

手順は次のとおりです。

コンピュータA:

> Windowsをインストールする
>アプリケーション/ドライバ/アップデートをインストールする
>キャプチャ画像のバージョン1
> sysprepを実行します。
>ドメインに参加
>窓と事務所を活性化する

コンピュータB、Cなど

> Image Version#1をマシンにデプロイする
> sysprepを実行します。
>ドメインに参加
>窓と事務所を活性化する

sysprepのときに次のbatファイルを実行します。

@ECHO OFF
reg add "HKLM\SYSTEM\Setup\Status\Sysprepstatus" /v CleanupState /t REG_DWORD /d 00000002 /F
reg add "HKLM\SYSTEM\Setup\Status\Sysprepstatus" /v GeneralizationState /t REG_DWORD /d 00000007 /F
reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SoftwareProtectionPlatform" /v SkipRearm /t REG_DWORD /d 00000001
msdtc -uninstall
timeout 120
msdtc -install
timeout 120
rmdir /Q /S "C:\Windows\System32\Sysprep\Panther" 
del /Q "C:\Windows\System32\Sysprep\Sysprep_succeeded.tag "
ECHO Beginning Sysprep. The system will shutdown when complete.
"C:\Windows\System32\Sysprep\Sysprep.exe" /oobe /generalize /shutdown

私は今、windowsとofficeがそれ自身ではkmsサーバー上でアクティブにできないことに気づきました。問題を解決する方法についての任意のアイデア。ありがとう。

SkipRearm = 1でsysprep / generalize、SkipRearm = 0でsysprep / generalizeを実行した場合の違いは何ですか?

ベストアンサー

What is the difference if I sysprep /generalize with SkipRearm=1 and sysprep /generalize with SkipRearm=0?

注:これは私が読んだものに基づいています、私は実際的な経験がありません。

「再武装」は製品起動システムをリセットします。インストールはアクティブ化のための新しいIDを取得し、アクティブ化ステータスは猶予期間の開始時に非アクティブ化に戻ります。

ユーザーがこの機能を使用してライセンス認証の猶予期間を永遠に延ばすことを防ぐために、インストールを再準備できる回数には制限があります。

デフォルトでは、sysprepはリアームを実行します。これを防ぎたい場合は、 “SkipRearm = 1″レジストリ値を設定します。 “slmgr / rearm”を使って手動でリアームすることもできます。

通常、イメージング時には再編成します。これにより、新しいマシンのアクティベーションがクリーンな状態から始まり、kmsはすべてのマシンを異なるシステムとして認識します。再配置しないと、kmsはすべてのマシンの違いを見分けることができなくなります。あなたがマシンでいっぱいのネット​​ワークを構築するならば、準備をせずにそれらのすべてをイメージしてください、そして、kmsサーバはそれらがすべて同じマシンであると考えて、それ故にそれが最小のマシン数に達することは決してないでしょう。

例外はあなたがのようなワークフローを持っているときです

>画像を復元
>いくつかの変更を加える
>新しい画像を作る

この場合、後で作成する画像を作成するときに並べ替えたくありません。それ以外の場合は、数回繰り返した後に最大並べ替え数に達します。

転載記事の出典を記入してください: sysprep – WindowsおよびOffice用のKMSライセンス認証が失敗する - コードログ