sql-server-エラーログへのトレース

Thomas LaRock(SQL Rockstar)は、実行されたコマンドをプロファイラー(またはSQLトレース)を使用せずにSQL Serverエラーログに直接書き込む方法に関する記事を掲載しました。記事/ビデオはhereにあります。

私の質問は、これは迅速で限定的なトラブルシューティングを超えるものに適していますか?言い換えると、トレースフラグ4032および3605を長期間設定したままにしておくと、パフォーマンスに影響しないとは想像できません。

インスタンス上のすべてのステートメントのエラーログへのすべてのI / Oがあるため、インスタンスが影響を受けるのは公平なステートメントですか?

ベストアンサー
この記事は非常に限られたシナリオで役立つと思います。

>ローカルまたは隔離されたマシン上にいる。
>アクティビティの非常に短いバーストに対してこれを行う必要があります。
>プロファイラーへのアクセス権(とにかくトレースの最初の選択肢ではない)、サーバー側トレースの作成方法がわからない、Books Onlineへのアクセス権がないため、構文を学習できます(プロファイラーをセットアップする必要はありません)痕跡)。
>「トレース」の期間中にインスタンスに対して実行される可能性のある一連のステートメントを制御するか、少なくとも大まかな知識を持っています。
> Cドライブにどのくらいのスペースがあるのか​​がよくわかります…

それらの免責条項がなければ、実際に誰かが記事を読み飛ばしてコメントを読まないで、これを本番に入れて、それを忘れるまで非常に緊張しています-それで、あなたがもたらす可能性のあるいくつかのシナリオを想像することができます。

転載記事の出典を記入してください: sql-server-エラーログへのトレース - コードログ