debian-xrandrの変更を永続化するにはどうすればよいですか?

このコマンドを実行して、画面間でウィンドウを移動できるようにします。

xrandr –auto

この魔法のコマンドは、私の画面を修正します(この2つ目のモニターを実行する前は、マウスを動かすことができる空のスペースです)。再起動したときにこのコマンドが固執するようにするにはどうすればよいですか?このコマンドを再実行するだけでなく、構成を修正することに興味がありますが、これを実現する方法についてはわかりません。

DFP 5とDFP 6の2つのモニターがあります。xrandrを実行すると、次のようになります。

DFP1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DFP2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DFP3 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DFP4 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DFP5 connected 1680x1050+1680+0 (normal left inverted right x axis y axis) 474mm x 296mm
   1680x1050      60.0*+
   1400x1050      60.0  
   1280x1024      75.0     60.0  
   1440x900       60.0  
   1280x960       75.0     60.0  
   1280x800       75.0     60.0  
   1152x864       60.0     75.0  
   1280x768       75.0     60.0  
   1280x720       75.0     60.0  
   1024x768       75.0     60.0  
   800x600        75.0     60.3  
   640x480        75.0     59.9  
DFP6 connected 1680x1050+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 474mm x 296mm
   1680x1050      60.0*+
   1400x1050      60.0  
   1280x1024      75.0     60.0  
   1440x900       60.0  
   1280x960       75.0     60.0  
   1280x800       75.0     60.0  
   1152x864       60.0     75.0  
   1280x768       75.0     60.0  
   1280x720       75.0     60.0  
   1024x768       75.0     60.0  
   800x600        75.0     60.3  
   640x480        75.0     59.9  
CRT1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

Debianの[ディスプレイ]メニューを使用して、DFP 6をDFP 5の右側に設定しました。これが私のxorg.confファイルです。

Section "ServerLayout"
        Identifier     "aticonfig Layout"
        Screen      0  "aticonfig-Screen[0]-0" 0 0
EndSection

Section "Module"
EndSection

Section "Monitor"
        Identifier   "aticonfig-Monitor[0]-0"
        Option      "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
        Option      "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
        Option      "DPMS" "true"
EndSection

Section "Device"
        Identifier  "aticonfig-Device[0]-0"
        Driver      "fglrx"
        BusID       "PCI:4:0:0"
EndSection

Section "Screen"
        Identifier "aticonfig-Screen[0]-0"
        Device     "aticonfig-Device[0]-0"
        Monitor    "aticonfig-Monitor[0]-0"
        DefaultDepth     24
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     24
                virtual 3360 1050
        EndSubSection
EndSection

すべてが1つの画面になるように構成されているようで、xrandr –autoが何らかの形で修正されます。結果をxorg.confに保存するためにこのコマンドが何をしているのかを覗く方法はありますか?通常、xrandrを使用して結果を永続化するにはどうしますか?

これを検索すると、xorg.confファイルを変更するように言われます(xrandr –autoが実際に何をしているのかわからないのでどうするかわかりません)または起動時にxrandrを実行する方法の指示、私は推測する必要はありませんが、間違っているかもしれません。

ベストアンサー
これはfglrxドライバーであるため、aticonfigコマンドを使用してxorg.confファイルを生成できます。 xrandrの出力から、必要なコマンドは次のように推測しています。

sudo aticonfig --initial=dual-head --screen-layout=left

これで必要なものが得られない場合、aticonfigはxorg.confファイル(拡張子は.fglrx-x)を自動的にバックアップするため、元の構成を簡単に復元できます。

aticonfigでうまくいかない場合は、amdcccleと呼ばれるxorg.confを設定するGUIツールがあります(fglrx-controlパッケージにあるはずです)。

転載記事の出典を記入してください: debian-xrandrの変更を永続化するにはどうすればよいですか? - コードログ